2012年02月26日

ホイットニー

「ボディガード」オリジナル・サウンドトラック
サントラ
SMJ (2010-06-02)
売り上げランキング: 250


個人的な話で恐縮ですが、身内に不幸があったばかりの状態に追い討ちをかけるような訃報が。
ホイットニー・ヒューストンまだ48歳でしたか。折しもグラミー賞の直前でした。
長年私のライバルとして君臨した(言うまでもなく一方的な思い込みですけど)世界最高のシンガー。アップテンポを歌わせてもバラードを歌わせてもすべてが桁違いの歌唱力。
紛れもないスーパースターなのに私生活には恵まれなかったようですね(ボビー・ブラウンのせいなのか?)。本当に残念です。

ホイットニーは前にファーストを取り上げたので、そちらもご覧いただければと思います。
一度でいいからあんな風に歌ってみたい、そう感じさせてくれる数少ない本物のアーティストでした。今はただご冥福をお祈りするばかりです。
Whitney, we'll always love you...




最後まで読んで頂きありがとうございました。
気に入って頂けましたら、ブログランキングへクリックお願いします。

banner_02.gif
ラベル:Whitney Houston
posted by KAZ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | W | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

追悼 "Big Man"

Complete Video Anthology 1978-2000 [DVD] [Import]
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント (2001-01-18)
売り上げランキング: 37939

Big Manがこの世を去りました。

かなりショックを受けたのですが、もっと驚いたことに、ブルース・スプリングスティーンの盟友ではなくレディー・ガガの共演者という見出しをつけているメディアがあるってこと。
数年前にスティービー・ワンダーをジャミロクワイに影響を与えた昔の人みたいな扱いがあった時にも驚きましたが、時代は変わるとはいえ何とかならんもんか...

かく言う自分も彼のことをそれほど詳しく知っているわけではないですが、スプリングスティーンのライブには欠かせない際立ったキャラでしたね。デカい体から繰り出される骨太のサックスの音。ユーモラスなパフォーマンス。
もう言葉はいらない。ライブパフォーマンスを見てもらいましょう。
Big Man, Clarence Clemons!

その雄姿を生で見ることはもうできませんが、ボクたちは決してあなたを忘れることはないでしょう。
ありがとう、Big Man!



最後まで読んで頂きありがとうございました。
気に入って頂けましたら、ブログランキングへクリックお願いします。

banner_02.gif
posted by KAZ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

"Guitar Heaven" Santana (2010)

ギター・へヴン
ギター・へヴン
posted with amazlet at 11.01.06
サンタナ キャビン・ロスデイル ジョー・コッカー ジョニー・ラング スコット・スタップ 浅井健一 クリス・コーネル スコット・ウェイランド ロブ・トーマス インディア.アリー&ヨーヨー・マ クリス・ドードリー
SMJ (2010-09-22)
売り上げランキング: 2279


年明け早1週間が過ぎようとしています。
気がつくと4月のJTから時が止まっていますがそれでも更新を待ち続けてくれる人がいる。
本当にありがたいことです。
昨年よく聴いたものと言えば、ヘビーローテーション→AKBとなってしまいそうですが、洋楽入門を掲げる身としてはそうも言ってられない。
若い女の子達の誘惑を振り切って(?)、ラテン系のヘンなオジサンに清き一票を(別に「総選挙」を意識してるわけでは...十分あるか)。

カルロス・サンタナ入魂のロック・クラシック・カバーアルバム、その名も『ギター・ヘブン』。
サンタナと言えば最近ステージ上でのプロポーズが話題となりましたが、敬虔なヒンズー教徒としても有名です。
音楽的には、『哀愁のヨーロッパ』に代表される泣きのギターと、ラテン系のフレーバーを取り入れた独自の音楽感で多くのファンを魅了しています。

このアルバムですが、1曲目の『ホール・ロッタ・ラブ』からギターサウンド全開でキターッ!
これだけでも買ってよかった気にさせてくれますが、もちろんそれだけじゃない。
ほとんどの曲がオリジナルのテイストを残したまま旨く料理されています。
『サンシャイン・オブ・ユア・ラブ』のリフもほとんどそのまんまやんけ!!

極めつけは『スモーク・オン・ザ・ウォーター』。多くのギター小僧がこぞってコピーしたイントロを、あのサンタナがそのまんま弾いている!?しかもそれが彼の作品としてリリースされるなんて!!!
ヒデキ感激!!! (知ってる?)
やってくれるぜ、サンちゃん!

ギターマガジンのインタビューにもありましたが、どの曲もオリジナルの雰囲気を壊さず原曲へのオマージュが感じられます。それだけにオリジナリティに疑問を呈する声もあるようですが、文句なし良いものはいい!
『スモーク・オン・ザ・ウォーター』のイントロは、やっぱこれが聴きたいでしょ?

唯一残念なのは日本盤ボーナストラックのZZTOP。サッカー日本代表と同じく世界で活躍できるよう頑張ってほしいものです。

しかし、なんともうれしいアルバムをリリースしてくれたものです。
ロック界の大御所の最新作にして入門に最適な一枚。

理屈はいらない。良質な音楽がそこにある。
すべてのロックファンに聴いてほしい新たなバイブル。
AKBにうつつをぬかしてないで、みんなこういうの聴こうよ。



試聴はこちら


最後まで読んで頂きありがとうございました。
気に入って頂けましたら、ブログランキングへクリックお願いします。

banner_02.gif
ラベル:Santana サンタナ
posted by KAZ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

"Sweet Baby James" James Taylor (1970)

Sweet Baby James
Sweet Baby James
posted with amazlet at 10.04.18
James Taylor
Warner Music (1994-12-19)
売り上げランキング: 1756
おすすめ度の平均: 5.0
5 心地よいメロディ
5 ついにデジタル・リマスター
5 しみわたる快感。
4 アコギの弾き語りアルバムの草分け的存在
4 アコギの弾き語りアルバムの草分け的存在

キャロル・キング、ジェームス・テイラー夢の競演第二弾。
と言えば次はこれっきゃない。ジェームス・テイラー、『スイート・ベイビー・ジェームス』です。

僕らアコギストが一度は通る道。ジェームス・テイラー。
このジャケット、ギブソン抱えていたような印象だったのですが、よく見ると木みたいなのに寄りかかってるだけだったんですね。

『ファイア・アンド・レイン』などの代表曲はもちろん素晴らしいですが、個人的には『おおスザンナ』に魅入られてしまいましたね。
そう、音楽の教科書に載ってたあれです。それがこの人にかかると、こんなになっちゃうのね。。。

代名詞ばかりでさっぱりわからない文章になってしまっていますが、言葉にできないけどジェームズテイラーの魅力が凝縮されているってことで(何だそりゃ)。

『スイート・ベイビー・ジェームス』。
優しさに溢れた一枚。キャロル・キングの『つづれおり』と合わせて是非どうぞ。


ググってみました
『There's One In Every Crowd』
『MUSIC LIFE -Chapter Two-』


試聴はこちら

最後まで読んで頂きありがとうございました。
気に入って頂けましたら、ブログランキングへクリックお願いします。

banner_02.gif
posted by KAZ at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

"Tapestry" Carole King (1971)

つづれおり
つづれおり
posted with amazlet at 10.03.21
キャロル・キング
Sony Music Direct (2004-04-21)
売り上げランキング: 3574
おすすめ度の平均: 5.0
5 キャロル・キングという「自由かつ感受性豊かな才能」とつき合う。
5 You've got a Friend…最高
5 久々に心が揺れました
5 You've Got A Friend
5 きっかけは娘の誕生


キャロル・キング、ジェームス・テイラー夢の競演。
こんな見出しに胸が躍った方...

歳がばれますね(笑)

ほな不朽の名作『つづれおり』いきましょか。

言わずと知れた名盤中の名盤。
いまさら私が解説するまでもありませんが、幅広くいろんな人に愛されています。

「あれ?お前こんなの聴くんだ?」
意外な人が隠れファン的にこのアルバムが好きというケースを少なからず目にしてきました。
そんな不思議な魔力を持った、音楽を愛するすべての人のためのバイブル。

個人的なきっかけは、『ナチュラル・ウーマン』の男版、ロッド・スチュワートの『ナチュラル・マン』でした。
初めて耳にして以来すっかりその魅力の虜に。
説明無用。聴けば聴くほど深まるスルメのような味わい。

70年代ロック&ポップスの最高峰。
キング・オブ・ポップの称号はこちらの方がふさわしいか?いや、名前はキングだけどやっぱクイーンかな。。。

そんなことはどうでもいいけど、最近聴いてない人もまだ聴いたことない人も、この機会にキャロル・キングの至高の名盤に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。


ググってみました
『A DAY IN THE LIFE WITH MUSIC』
← 3121さんと同じく、ボーナストラックでアルバムの構成をぶち壊す改悪に激しく抗議です。このアルバムは全12曲で聴くべし!
『まい・ふぇいばりっと・あるばむ』(OZZYさん!)


試聴はこちら

最後まで読んで頂きありがとうございました。
気に入って頂けましたら、ブログランキングへクリックお願いします。

banner_02.gif
posted by KAZ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

"Gently Weeps" Jake Shimabukuro (2006)

ジェントリー・ウィープス
ジェイク・シマブクロ
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル (2006-06-14)
売り上げランキング: 39508
おすすめ度の平均: 5.0
5 フラガールインストバージョンはこのアルバムに収録です!!
5 Feel Good!
5 しっとりと
5 惚れました・・・
4 なかなか

めっきり寒くなってきました。
夏の間みなさんの心を癒してくれたウクレレも、すっかり部屋の隅に押しやられ、埃をかぶっていませんか?
そんなあなたにお届けするのは、春夏秋冬オールシーズン意のままにウクレレを操る驚異のウクレレマスター、ジェイク・シマブクロ。

数年前の紅白歌合戦。『涙そうそう』を歌う夏川りみのバックで異様なまでのテンションの高さでウクレレをかき鳴らす男が。
ヤバいよこの人。完全にイッちゃってる。。。
そう、それがジェイクシマブクロです。

すごいウクレレプレイヤーがいるというのはデビュー当時から結構話題になっていて注目していたのですが、デビュー作がバンド色が強かったりして買うのをためらっているうち、すっかり聞きそびれてしまっていました。
そんなある年末の衝撃のパフォーマンス。ぶっ飛びました。

タイトルからおわかりのように、これもビートルズのカバーです。
ジェイクは最近もビートルズのカバーアルバムを出していることからもわかるように、かなりのビートルズフリークのようですね。
タイトル曲はジョージハリスン作の名曲をウクレレソロでカバー。これに代表されるように、ウクレレソロが多く収録されているのが特徴です。
"Dragon" の緊迫感、"Touch" の繊細さ、しびれますねえ。そして最後はウクレレソロによるアメリカ国歌。インストによるアメリカ国歌と言えば、ウッドストックのジミヘンがあまりにも有名ですが、それに勝るとも劣らない次世代の新スタンダードが誕生しました。

これらジェイクの超絶テクはyoutubeにもたくさん転がっています。動画で見るとさらに魅力倍増、こちらも是非お試しください。





ググってみました
『LIVEDOG DIARY SIDE-B』
『BananaBlog』


試聴はこちら

最後まで読んで頂きありがとうございました。
気に入って頂けましたら、ブログランキングへクリックお願いします。

banner_02.gif
posted by KAZ at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

I Am Sam [Original Soundtrack] (2002)

I Am Sam
I Am Sam
posted with amazlet at 09.10.31
Original Soundtrack
V2 (2002-01-08)
売り上げランキング: 31214
おすすめ度の平均: 4.5
5 1日のはじまりにも、おわりにも。いいです。
5 映画にあった見事なサントラ盤
3 サントラ兼ビートルズ・トリビュート・アルバム
5 ブラックバードが最高です
5 ビートルズ。

ビートルズのリマスター盤が売れてるみたいですね。
ここで一度も取り上げたことがないことからお察しいただける通り、私はビートルズがあまり好きではありません。
正確に言うと、ビートルズだけを特別扱いして手放しで礼賛する輩がダメなのです(ストーンズの方が好きだって人の方が友達になれそう)。

そんな私がなぜビートルズを取り上げるのか?
カバーバージョンに好きな曲が多いんですね。
カーペンターズの『涙の乗車券』、U2の『ヘルター・スケルター』、ビリー・ジョエルの『バック・イン・ザ・USSR』。どれも素晴らしいですね。
そんなわけでこれ。

全編ビートルズのカバーで彩られた映画のサントラです。例によって映画は見ていません^_^;。

シェリル・クロウ、ベン・フォールズ、ウォール・フラワーズ、ここでも取り上げた大物アーティストも名を連ねています。
個人的に一曲選べと言われたら、『アクロス・ザ・ユニバース』かな。声がたまりませんね。
そう言えば、CMで流れていた渡辺香津美のアコギバージョンもよかったなあ。
ん?結局オリジナルの楽曲がいいってことになるのか。
だからビートルズを否定してるわけじゃないんだって。

それはさておき、ビートルズマニアのみなさんも、ミョーなこだわりにとらわれずに、先人に敬意を表するフォロワ達の歌にも耳を傾けてみてはいかがでしょうか?

ググってみました
#当然ながらボクみたいなアンチビートルズ的な人はあまりいないようですが(苦笑)
『〜 Life with Music 〜』
『7-sihuku-人からの回覧板!』


試聴はこちら

最後まで読んで頂きありがとうございました。
気に入って頂けましたら、ブログランキングへクリックお願いします。

banner_02.gif
posted by KAZ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | O | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

"Thriller" Michael Jackson (1982)

スリラー(紙ジャケット仕様)
マイケル・ジャクソン クインシー・ジョーンズ ロッド・テンパートン ヴィンセント・プライス ポール・マッカートニー
SMJ (2009-07-08)
売り上げランキング: 331


かなり今更な感もありますが、マイケル・ジャクソンに哀悼の意を表して、「スリラー」をピックアップしました。

私自身、マイケルに強い思い入れがあるわけではないのですが、世界で最も売れたと言われるこのアルバムだけはリアルタイムでチェックしました。

不謹慎覚悟で申しますと、マイケル・ジャクソン死去の一報を聞いて、真っ先に頭に浮かんだのは、"Beat It" のパロディー版 "Eat It" でした。。。
調べてわかったのですが、このアル・ヤンコビックという人は結構有名みたいですね("Bad"のパロディー "Fat" もオモロい)。

それはさておき、"Beat It", "Billy Jean", "Thriller",... シングルヒット満載のこのアルバムはやはりただものではなかった。

やっぱ "Beat It" がいいなあ。
冴え渡るエディ・ヴァン・ヘイレンとスティーヴ・ルカサーのギターワークは、今聞いても鳥肌が立つぐらいメチャカッコいい。
パロディができるのも名曲の証。
スリラーのPVもいいけど、ビートイットも捨てがたい。あの食べてる姿がたまらないっすね。
ってそれ "Eat It" だろう!
(バシッ!ドガッ!ズガッ!)(痛え〜♪)



ググってみました
『一晩眠ればケロリ』
『Yz's Blog』


試聴はこちら

"Eat It"のPVはこちら

最後まで読んで頂きありがとうございました。
気に入って頂けましたら、ブログランキングへクリックお願いします。

banner_02.gif
posted by KAZ at 07:15| Comment(0) | TrackBack(1) | M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

"Best Of The Corrs" The Corrs (2001)

ザ・ベスト・オブ・ザ・コアーズ<スーパー・ファンタスティック・ベスト2009>
ザ・コアーズ
ワーナーミュージック・ジャパン (2009-04-01)
売り上げランキング: 34983

5月も早終盤に差し掛かってしまいましたが、過ぎ行く春風に乗せて爽やかなサウンドをお届けしましょう。
アイルランドの兄妹バンド、コアーズです。

そんなにコアなファンではなかった私がなぜコアーズを聴こうと思ったのか?
その答は!

なんとなく...

"Breathless" や "Would You Be Happier" を聞いて直感的にいいなと思っただけなんですね。
でも蓋を開けてみると、いいんだな、これが。
いいアルバムに出会う時って大体そういうもんかも。直感って大事ですよ。
#ハズシも結構あるけど

どこから聴いても金太郎飴みたいに心地よいメロディーが聞こえてきます。時折ブレンドされるアイリッシュサウンドも絶妙。

"Runaway", "Radio", ... MTVアンプラグドからのライブバージョン最高ですね。近年ライブになるとアレ?ってなっちゃうバンドも少なくない中、ライブパフォーマンスもたしかです。

アイルランドと言えばU2のイメージが強いですが、アイリッシュの奥は深い!良質のポップミュージックを聴きたい人に大推薦!
コアーズ、聴いて損はさせません。


ググってみました
『日々是好日 〜破壊神と素光の日常/時々非日常〜』
『LYNX★ブログ』


試聴はこちら

最後まで読んで頂きありがとうございました。
気に入って頂けましたら、ブログランキングへクリックお願いします。

banner_02.gif
ラベル:corrs コアーズ
posted by KAZ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

"Billy The Best" Billy Joel (1985)

ビリー・ザ・ベスト
ビリー・ザ・ベスト
posted with amazlet at 09.01.31
ビリー・ジョエル
Sony Music Direct (2003-11-06)
売り上げランキング: 459
おすすめ度の平均: 5.0
5 思い出の1枚
5 ビリー・ジョエル入門にこちらを選びました
5 US盤には名曲オネスティが入っていません。
4 リマスターでまさかのミス…
5 どちらを選んでも問題なし


1月。とうとう最終日になってしまいましたが、今年期待されるアーティストは誰か、想いを巡らせてみました。

でも古いのばかりで、新しいのなんかほとんど聴いてないぞ?
いや、大丈夫。最近流行りの名盤何十周年という手ががある。
「1979年、グラミー賞」でググってみた。
ドゥービー・ブラザーズ "What A Fool Believes"。
マイケル・マクドナルド時代か。
ドゥービーはフェアウェルツアー取り上げちゃったしな。
最優秀アルバム、ビリー・ジョエル。これだ!

ん?待てよ。
去年ストレンジャー30周年出てなかったっけ?
ま、いいか。
ということで、『ニューヨーク52番街』 by ビリー・ジョエル。
...名盤とされているが、実はまともに聴いたことがない...
ならば洋楽入門の原点に戻って入門に最適な一枚『ビリー・ザ・ベスト』だあぁっ!

なんて長い前フリなんだ!

なんか疲れたなあ。じゃあこれで!

おいおい!
すいません、すっかり本編を忘れてしまうところでした(爆)。

我々の世代にとっては、洋楽と言えばビリー・ジョエル。
第一回でも書きましたが、洋楽を知らない人でもビリージョエルの名前だけは知っている。そんな存在なのです。

そしてそんな彼の全盛期を網羅したベストがこれです。
昨今のベスト盤ブームその大きな流れを作った一枚といっていいでしょう。
『ピアノ・マン』から『イノセント・マン』までの代表曲をすべて網羅した怒涛のヒットメドレー。
一曲選べと言われたら苦渋の選択だけど"Only The Good Die Young" かな。
その後近年の曲も交えたベストも出ていますが、何か足りない。と思ったらこの曲が入ってなかったし。
"Songs In The Attic" から "Say Goodbye To Hollywood" が収録されているのもうれしい!

筋金入りのビリー・ジョエルファンはいろいろ言いたいこともあるでしょうが、入門には最適な一枚と言っていいでしょう。
世に氾濫するベスト盤の中でも最高峰に位置する究極かつ至高の一枚。
『ビリー・ザ・ベスト』。
家宝ものです。


ググってみました
『eclipse的な独り言』
『毎日が夏休み!』


試聴はこちら

最後まで読んで頂きありがとうございました。
気に入って頂けましたら、ブログランキングへクリックお願いします。

banner_02.gif
posted by KAZ at 23:06| Comment(2) | TrackBack(2) | B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。