2006年08月08日

"Kalik" Baha Men (1994)

カリック
カリック
posted with amazlet on 06.08.08
バハ・メン
イーストウエスト・ジャパン (1997/11/25)
売り上げランキング: 349,256


まだまだ続く夏休み特別企画。今流行のパイレーツ・オブ・カリビアン=カリブの海賊にちなんで(?)、カリブ海バハマ出身の陽気な7人組(当時)、Baha Menを紹介します。

これまでわりと万人向けと思われるものを紹介してきたのですが、今回はちょっと好みが分かれるのではないかと思います。
ラテン系のノリが好きな人には強烈におすすめしますが、そうでない人は「何じゃこりゃ?」と感じるかもしれません。
ただ一つ言えることは、誰が何と言おうと、私は Baha Men が大好きだということです。

どのアルバムにしようか迷ったのですが、やはり彼らがブレイクするきっかけとなった "(Just A) Sunny Day" と "Dancing In The Moonlight" の収録されたこの "Kalik" にしました。
この2曲はもちろんベストにも収録されている代表曲ですが、全体的にそれに劣らないクオリティの揃い佳作が揃っていると思います。
"(Just A) Sunny Day" にも参加した Lenny Kravitzによる推薦も彼らのブレイクに一役買っていました。

ジャケットを見るとちょっとふざけた感じで、買うのをためらったのですが、"Dancing In The Moonlight" がものすごく好きで、これが聴けるならもう他はどうでもいいやぐらいの気持ちで思い切って買ってみたら、これが大当たりでした。

ジャンカヌーと呼ばれるバハマの伝統音楽をベースに、コンピュータによる打ち込みやファンキーなリズムギターのカッティングが絡んだグルーヴ感がもうたまりません。

この後も、"Beach Baby", "That's The Way", "Kokomo" など毎年夏になると Baha Men の珠玉のカバーナンバーが巷を賑わせて、それを楽しみにしていたのを覚えています。
何と言っても彼らのカバー曲のアレンジセンスには目を見張るものがあります(ってオリジナルはほとんど知らなかったりして(汗))。

槇原敬之がラジオ番組で、"Dancing In The Moonlight" を「最高!」と絶賛していたり、山下達郎が彼らのLiveを見に行ったりしていることからも単なる陽気なカリビアンではないことはお墨付きです。

'99年にリードボーカルのニーアマイアが脱退してからは、私の心も Baha Men から離れていきましたが、その後もバンドとしては頑張って、"Who Let The Dogs Out" などのヒットも飛ばしています。

こちらで試聴できます(なぜか "(Just A) Sunny Day" だけ聴けない(涙))



最後まで読んで頂きありがとうございました。
気に入って頂けましたら、ブログランキングへクリックお願いします。

banner_02.gif
posted by KAZ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(1) | B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22108938

この記事へのトラックバック

暑中お見舞い申し上げます
Excerpt: (Just A)Sunny Day/Baha Men う〜ん、暑い!! わかっちゃいるけど言ってしまうこの一言。 てな訳で夏向きな曲を、今回はバハ・メン。 Who Let The Dog Ou..
Weblog: 宇宙のめいぐると
Tracked: 2006-08-11 22:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。