2006年11月08日

"After The Gold Rush" Neil Young (1970)

After The Gold Rush
After The Gold Rush
posted with amazlet on 06.11.08
Neil Young
Reprise (1990/10/25)
売り上げランキング: 497
おすすめ度の平均: 5.0
5 美しい音楽とはこういう事。
5 ニール・ヤングの最初の一枚に最適!!
5 それはもう美しい


今回は入門向けというよりは玄人受けっぽいかもしれません。変幻自在のヘタウマロッカー、ニール・ヤングの初期の名作『アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ』を紹介しましょう。

ニール・ヤング、最近(でもないか)ではパールジャムと共演したり、オアシスが曲をカバーするなど若いミュージシャンにも多大な影響を与えています。

初期のこの頃はフォークロック色が強いですが、ある時にはパンク、またある時にはロカビリー、テクノに走ったかと思えばカントリーアルバムを出したり、とホントその時々でやりたいことをやっている自由人なんですね。そんな姿勢が若い世代にも共感を呼んでいるのでしょう。

アコギのプレイは結構イイ感じなのですが、音程の危うい歌声とエレキギターは、ヘタウマという言葉がまさにピッタリくるミュージシャンです。『サザン・マン』のギターソロなんかその真骨頂ですね。外し気味のチョーキングがやみつきになってしまう。

この人のライブ映像を見ると鬼気迫るというかイッちゃってる感じがよりわかります。
まだまだ現役バリバリ活躍中。今日もキレまくっていることでしょう。

あれ?アルバムの解説がほとんどないですね。
そんなエキセントリックなニール(長渕風。わかるかな?)ですが、このアルバムはオーソドックスなメロディのいい曲が揃っていてとてもいいですよ(ってそれだけかい)

ということでこちらもご参考にどうぞ↓(自分が思ったよりこのアルバム人気があってびっくり!)

千酔亭日乗
しみじみ
インリンノンのSECOND STORY WINDOW
まぜたらきけん
七転八倒


試聴はこちら


最後まで読んで頂きありがとうございました。
気に入って頂けましたら、ブログランキングへクリックお願いします。

banner_02.gif


posted by KAZ at 23:33| Comment(4) | TrackBack(1) | N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。TBありがとうございます!
彼のヴォーカルを必死に表現しようとしてたんですが、そうです!ヘタウマです!!
でも、てっきりこの作品が入門向けなのかと思っていたら、違うんですね。
参考にお聞きしたいんですが、この次はどのアルバムがオススメでしょうか?
Posted by 溜め息 at 2006年11月09日 15:28
溜め息さん、コメントありがとうございます。

入門か否かというのは、洋楽入門という広い範囲で見た場合の個人的な感覚でしかないので、あまり気にしないで下さい。
ニール・ヤングの入門としてこの作品がいいという意見には同感です。

私自身それほどニール・ヤングを聴きこんだわけでもないので、たいしたことは言えないのですが、一般的には代表曲 "Heart Of Gold" (『孤独の旅路』) が入っているこの次の "Harvest" が名盤と名高いですね。
彼らしさを味わうなら、"Freedom" の "Rockin' In The Free World" のアコースティックバージョンとエレクトリックバージョンを聞き比べるとか。
無責任なようですが、直感的にこれよさそうだなと思ったのを聞いてみるのも手かもしれません。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by KAZ@管理人 at 2006年11月12日 23:03
私も、入門向けと認識していました。

ニールのハードサイドがお好みならば、是非とも
『RAGGED GLORY』を聴いてください。感動していただけたら、ライブ盤『WELD』も是非!

もちろん、『FREEDOM』は素晴らしいです。
これ以降必ず、ニール買ってます。この前の80年代はとばしてもいいと思います。(初心者には)

クレイジー・ホースが付いているかいなかがポイントになると思いますよ・・・
Posted by jerry at 2006年11月14日 04:02
jerryさん、コメントありがとうございます。
玄人受けっぽいと書いたのが的外れだったでしょうか...うーん。
でも「洋楽聴きたいけど何がいい?」って聞かれて「ニール・ヤング聞け」って人もあんまりいないかなと思ったんで。

それはともかく、推薦盤の紹介感謝します。私もこの辺はノーチェックだったので、参考にさせていただきます。
また何かありましたらよろしくお願いします。
Posted by KAZ@管理人 at 2006年11月14日 23:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

無人島の1枚
Excerpt: 「無人島にもって行きたいCD」 つまり、のんびり寝られる以外に大した楽しみもない場所へ、CDを持って行って聴けるなら何を選ぶか? 音楽好きな人ならかなり悩むでしょう。自分の持っているCDは約300枚..
Weblog: 千酔亭日乗
Tracked: 2006-11-09 21:09