2007年03月18日

"Bringing Down The Horse" The Wallflowers (1996)

Bringing Down the Horse
Bringing Down the Horse
posted with amazlet on 07.03.18
The Wallflowers
Interscope (1996/05/21)
売り上げランキング: 81085


前回、二世グループのウィルソン・フィリップスを紹介しましたが、偉大な親を持つ子の心境やいかに?ということで、フォーク・ロックの神様を父に持つジェイコブ・ディラン率いるウォール・フラワーズの傑作"Briniging Down The Horse"を紹介しましょう。

どこへ行ってもディランの息子という、本人にとってはありがたくないレッテルを貼られる。音楽の道へ進めば尚更だ。
しかし、ジェイコブはそれを覚悟の上で、敢えて茨の道を選んだ。
そして、このアルバムで彼はすべての呪縛を解き放った...

ミディアムテンポの名曲 "One Head Light" で幕を開けるこのアルバム。叙情的な歌詞も非凡さを感じさせます。
そして、カウンティング・クロウズのアダム・ダリッツのバッキングボーカルが熱い "Six Avenue Heart Ache"。抑え気味なジェイコブのリードボーカルとの対比も面白い。
切々と語りかけるような "Invisible City", 寂寥感漂う "Josephine", 軽快な "God Don't Make Lonely Girls", そして疾走感溢れる "Angel On My Bike"...
全編通して、バラエティーに富んだ良質のルーツロックが展開されていきます。
スライドギターやハモンドオルガンがいい味付けになっています。

まさに'90年代最高のアメリカンロックと呼ぶにふさわしい珠玉の名盤。
これを聴かずして何を語ろう?
文句なし、イチオシです。



ググってみました
『音楽の園 music of my mind』


試聴はこちら


最後まで読んで頂きありがとうございました。
気に入って頂けましたら、ブログランキングへクリックお願いします。

banner_02.gif
タグ:Wallflowers
posted by KAZ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(1) | W | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36312614

この記事へのトラックバック

The Wallflowers『Bringing Down The Horse』
Excerpt: 偉大なる父Bob Dylanの名前は無用☆The Wallflowers『Bringing Down The Horse』♪ 発表年:1996年 ez的ジャンル:アメリカン・リリシズム系ロック 気分..
Weblog: 音楽の園 music of my mind
Tracked: 2007-03-19 00:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。