2006年11月08日

"After The Gold Rush" Neil Young (1970)

After The Gold Rush
After The Gold Rush
posted with amazlet on 06.11.08
Neil Young
Reprise (1990/10/25)
売り上げランキング: 497
おすすめ度の平均: 5.0
5 美しい音楽とはこういう事。
5 ニール・ヤングの最初の一枚に最適!!
5 それはもう美しい


今回は入門向けというよりは玄人受けっぽいかもしれません。変幻自在のヘタウマロッカー、ニール・ヤングの初期の名作『アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ』を紹介しましょう。

ニール・ヤング、最近(でもないか)ではパールジャムと共演したり、オアシスが曲をカバーするなど若いミュージシャンにも多大な影響を与えています。

初期のこの頃はフォークロック色が強いですが、ある時にはパンク、またある時にはロカビリー、テクノに走ったかと思えばカントリーアルバムを出したり、とホントその時々でやりたいことをやっている自由人なんですね。そんな姿勢が若い世代にも共感を呼んでいるのでしょう。

アコギのプレイは結構イイ感じなのですが、音程の危うい歌声とエレキギターは、ヘタウマという言葉がまさにピッタリくるミュージシャンです。『サザン・マン』のギターソロなんかその真骨頂ですね。外し気味のチョーキングがやみつきになってしまう。

この人のライブ映像を見ると鬼気迫るというかイッちゃってる感じがよりわかります。
まだまだ現役バリバリ活躍中。今日もキレまくっていることでしょう。

あれ?アルバムの解説がほとんどないですね。
そんなエキセントリックなニール(長渕風。わかるかな?)ですが、このアルバムはオーソドックスなメロディのいい曲が揃っていてとてもいいですよ(ってそれだけかい)

ということでこちらもご参考にどうぞ↓(自分が思ったよりこのアルバム人気があってびっくり!)

千酔亭日乗
しみじみ
インリンノンのSECOND STORY WINDOW
まぜたらきけん
七転八倒


試聴はこちら


最後まで読んで頂きありがとうございました。
気に入って頂けましたら、ブログランキングへクリックお願いします。

banner_02.gif
posted by KAZ at 23:33| Comment(4) | TrackBack(1) | N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。